News

森ビルが渋谷区神山町に提案する新しい住宅のかたち 
"都心の別邸"「Case」モデルルームオープン

エグゼク 林 譲 が空間デザインを手がけました。

  • April 26,2013

■F-TYPE「VINTAGE GLAM」

メイン居室を地下1階に設けた新しいタイプの住宅。

コンパクトな間取りと、約3mの高い天井。約56m²の庭と一体化した居室は、地下を感じさせないやわらかな陽光が降り注ぐ空間。

インテリアは「男の隠れ家」をイメージし、現代建築の環境の中、先ずはパティオにサボテンを設置し、サプライズを演出。

モダニティの空間に、1930年~1970年代の懐かしいヴィンテージアイテムを数々配置し、特に「趣味のヴィンテージルーム」と位置づけたもう片方の部屋には、

その時代の欧米カルチャーをVintage+Modernでスタイリングし、すぐ手に届くレアなお気に入りに囲まれた「こだわる男の世界観」を表現しました。



_MG_2237
_X7Q4355
_X7Q4380